My First Experience With A New York Public School

  ROCK MAMA NYC LIFESTYLE BLOG - my first experience with a new york public school
  ROCK MAMA NYC LIFESTYLE BLOG - MY FIRST EXPERIENCE WITH A NEW YORK PUBLIC SCHOOL
  ROCK MAMA NYC LIFESTYLE BLOG - MY FIRST EXPERIENCE WITH A NEW YORK PUBLIC SCHOOL
  ROCK MAMA NYC LIFESTYLE BLOG - MY FIRST EXPERIENCE WITH A NEW YORK PUBLIC SCHOOL

I moved to the United States when I was in my mid twenties from Japan. I didn't grow up with an American education. My husband was born in Japan. He moved here to the United States when he was 3 years old and he had an American and International School education. My son was born in NYC and he started going to public pre-k in September last year. Taking him to school and attending school events was so interested to me. To see the difference between the American and Japanese school system. I have been living in the United states for 17 years, but many of my experiences with school here was my first real American life experience. For example, I was so exited to ride the yellow school bus when I attended my son's school trip. I have seen yellow school buses in movies and TV shows. To me it is kind of a symbol for American life. I didn't realize how bumpy! the ride is! I didn't know any classic American songs the children sang. They sang  "This Land is Your Land" at a school morning meeting. I am not familiar with the song, but almost everybody knows the song. I thought the song is a school song, and I don't know the song because we are new to the school. I was a bit surprised that the parents need to make money and donate things for class activities. In Japan, even in public schools, the school will provide almost everything the students need in the school. For example, paper towel, pencil etc.  We did bake sales and I even opened a little hair salon in the school for one week to cut kids hair to raise money. It was really fun and a great experience for me. 

My son had 2 great teachers (The photos above are his teachers) One of his teacher loves Japanese culture. The teacher started to say SAYONARA (Goodbye In Japanese) ARIGATO (Thank you in Japanese) when my son leaves school everyday. My son's classmates also started say SAYONARA or ARIGATO to us! I thought this is great! We really love the school my son is in. The teachers are great and the parents are so involved in the school. Before my son began school,  many people would tell me that public schools in New York city are not good. But, I can say from my experience from last year that there are good public schools in New York city. We feel so lucky to be part of a great school with great teachers around him, we are thankful to be part of this community.

私は成人してからアメリカ生活を始めたから、アメリカの教育では育っていない。私の夫は日本人だけど、3歳からのアメリカ育ちでアメリカの教育を受けて育ったジャパニーズアメリカン。4歳の息子はニューヨーク生まれで、去年の9月からマンハッタン内の公立の幼稚園に行き始めました。毎日息子を幼稚園に送っていったり、学校の行事に参加する度にアメリカの学校教育と日本の学校教育の違いが目に付いて興味深く思っています。私はアメリカ在住17年になるけど、いろいろなアメリカ生活ならではの初体験を息子の学校を通じて体験しています。例えば、初めてのスクールバス。そうです、あの映画なのでよく見る黄色いスクールバス。初めて乗った時はワクワクしたなー。でも、スクールバスってびっくりする程乗り心地が悪かった。そして、私はアメリカに長く住んでいるけど、アメリカの昔の曲や子供の歌などをほとんど知らない事に気が付いた。息子の学校では朝のミーティングがあって、そこでみんなで歌を歌うんですが、周りを見渡すとみんなが知っていて私達親子だけが知らないから、きっと学校の校歌で、私達は、入学したところだから知らないんのかな?って思っていたら、This land is your land という、アメリカのクラシックな曲だっだのよね。学校や息子のクラスの為に親達がお金を作らないといけない事にも少し驚きました。例えば、日本では、学校で使用する紙、鉛筆などは親が用意する事はなく、学校が用意するって所が多いと思うけど、ニューヨークの公立の学校は予算が少なくそいうった必需品を親達が寄付するしくみの所が多いです。そのために親達がバザーをしたりしてお金を集めます。去年、私は自分の美容師という職業を活かして、一週間放課後に子供達のヘアカットをして、その両親達にヘアカット代を払ってもらいお金を作って寄付しました。とても楽しかったし、みんなにも感謝していただき、美容師をしていて良かったと思った出来事でした。

息子には素晴らしい二人の先生に担任をしていただきました。(上の写真に息子と二人で写っている男性がその先生の一人)彼が日本の文化が好きな方で、私が息子を学校に迎えに行って帰る時に毎日息子に、さよなら、ありがとうって言ってくれて、それを毎日見ている息子のクラスの子供達が私達にさよなら、ありがとうって言うようになってくれた!ほんまにそれは素晴らしく嬉しい事でした。息子の行っている学校は先生達も素晴らしい方達ばかりだし、生徒の両親達もとても学校を良くする事に熱心で私達は息子の学校が大好き。息子がまだ小さかった頃にいろんな人がニューヨークの公立の学校は良くないって教えてくれたけど、私がこの一年を通じていろんな体験をして思った事は、ニューヨーク市内の良い公立の学校は素晴らしいって事。ほんとうに息子が素晴らしい先生達に恵まれて私達は幸運です。

 

Thank you for visiting ROCK MAMA NYC ❤ XOXO

 

Rock Mama